北海道大学外国人留学生後援会

(教職員の皆様へ) 北海道大学外国人留学生後援会への加入のお願い

平成28年11月16日

教職員の皆様へ

北海道大学外国人留学生後援会会長
北海道大学総長 山 口 佳 三

北海道大学外国人留学生後援会への加入のお願い

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
本学には1,956人(平成28年10月7日現在)の外国人留学生が在籍しており年々増加しています。彼らの留学目的を達成させるためには,教育研究面の支援に加えて,ときには経済的支援が必要な場合があります。
本後援会は,全学的見地から留学生に対する支援の拡充を図ることを目的として,平成15年度に発足しました。現在は,皆様からの寄附金を元に以下の事業を行っております。
①留学生の賃貸住宅入居に伴う連帯保証に係る支援
②留学生の入院に伴う連帯保証に係る支援
③留学生の疾病等に対する経済的支援
④留学生の不測の事故等に対する経済的支援
⑤留学生を支援する団体に対する経済的支援
⑥一時金貸付制度による経済的支援
これらの事業を継続的・安定的に運営するために,是非ご加入くださいますよう,また加入口数を増加していただけますようお願い申し上げます。
加入,変更の手続きについては,別紙により所属部局等の会計担当に11月24日(木)までにご提出いただけると12月から反映いたします。
なお,本後援会の会費は北大フロンティア基金(寄附金)として取り扱われており,年2,000円を超える会費を納めている方は税法上の優遇措置を受けることができます。領収書につきましては後日発行いたします。
近年は残念ながら加入数が漸減しております。後援会の諸事業を継続するためにご協力を賜りますよう,重ねてお願い申いたします。
また,退職される場合は,事前に所属部局の会計担当に退会届を提出願います。

敬 具

○外国人留学生後援会に関するお問い合わせ:
国際部国際教務課 中谷 慎志(内線8035)
○領収書の発行に関するお問い合わせ:
総務企画部広報課基金事務室 平林 晴樹(内線2072)

北海道大学外国人留学生後援会は,本学教職員の寄附金により,本学の留学生の皆さんが安心した留学生生活を送ることができるよう,次の活動を行っています。

1.留学生の賃貸住宅入居に伴う連帯保証に係る支援
留学生が民間のアパート等に入居する際に,連帯保証人が必要となった場合,家財および借家人賠償責任担保特約付の住宅総合保険に加入していることを条件に保証を行います。(詳細はこちら)

2.留学生の入院に伴う連帯保証に係る支援
留学生が入院する際に,連帯保証人が必要となった場合,保証を行います。

3.留学生の疾病等に対する経済的支援

4.留学生の不測の事故等に対する経済的支援

5.一時金貸付制度
留学生(※)が,臨時にお金が必要となった時,審査のうえ5万円を上限として6か月間無利子で貸し付ける制度です。貸付条件,申込方法などの詳細は,所属部局等の教務担当(留学生担当)または国際教務課2階窓口(国際連携機構2階)にお尋ねください。
※国費外国人留学生、外国政府派遣留学生及び在籍残余期間が6か月未満の留学生を除きます。