資格外活動(アルバイト)許可

資格外活動(アルバイト)許可とは

 

留学中の学費及びその他必要経費を補う目的でアルバイトを行う場合、事前に入国管理局に届け出て許可を取得する必要があります。これが「資格外活動」です。「留学」の在留資格をもって在留している方は、資格外活動許可を受けていない限り就労できないのでご注意ください。

 

※2012年7月9日から入国時に資格外活動許可が取得できるようになりました。

 

【注意事項】
◆資格外活動許可を取得せずに働いたり、資格外活動許可で許可されている時間以上に働いたり、資格外活動許可の期限が切れたまま働いたりした場合には罰せられます(200万円の罰金を払うか、拘束されるか、本国に送還されます)。許可が出るまでは、絶対に働いてはいけません。

北海道大学との契約に基づき北海道大学内で、TA・RA・TFなど学内で教育・研究を補助する活動に従事し報酬を得る場合には、資格外活動許可の取得は不要です。ただし、学内であっても、教育・研究補助以外の活動に従事する場合は、通常どおり資格外活動許可の取得が必要です。資格外活動の取得が必要かどうか迷った場合は、所属学部等の教務担当窓口に相談してください。

許可されるアルバイト時間は、学籍の身分にかかわらず、1週間28時間以内(長期休業期間中は、1日8時間以内)です。

資格外活動許可の期限は在留期間と同じです。在留期間が切れると資格外活動許可は無効になります。在留期限を更新した場合、資格外活動許可の再申請も必要になります。

留学生は、風俗営業又は風俗関連営業が営まれる営業所でアルバイトすることはできません。

 

入国審査時に資格外活動許可申請ができる方(以下の条件を満たすこと)

 

新規入国者(再入国による入国者は対象となりません)。
留学の在留資格が決定され、在留カードが交付された方(在留カードが後日交付される方も含む)。

 

【入管法 第19条】

学部生・ 大学院生、研究生
聴講生、科目等履修生
1週間に28時間以内
長期休業期間(夏休み・冬休み・春休み)は1日8時間以内

入国審査時に資格外活動許可申請をしなかった方の資格外活動許可申請方法

 

【申請方法】
①下記必要書類の①資格外活動許可申請書に必要事項を黒い消えないボールペンで記入してください。
②入国管理局に行き、上記①から④の書類を提出してください。資格外活動許可(シール)はその場で交付されパスポートに貼付されます。また在留カード裏面左下部にある「資格外活動許可欄」に許可を受けている旨記載されます。
【必要書類等】
資格外活動許可申請書(PDFファイルの1枚目が資格外活動許可申請書、2枚目が記入見本です)
②パスポート(原本)
③学生証(原本)
④在留カード(在留カードを受け取っていなければ「在留カードを後日交付する」と記載されたパスポート)

 

①資格外活動申請書は留学生サポート・デスク(学生交流ステーション1階),所属学部等の教務担当窓口,このホームページ(下記)より入手可能です。

 

新 資格学活動許可 (197 KB)