一時出国と再入国許可

「みなし再入国許可」

 

有効なパスポート、在留カード(在留カードを受け取っていなければ「在留カードを後日交付する」と記載されたパスポート)を所有する外国人の方が出国する際、出国後1年以内に日本での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要はありません。みなし再入国許可に手数料はかかりません。

 

【注意事項】
・残りの在留期間が1年に満たない場合は、在留期間の満了日までに再入国する必要があります。
・出国後1年以内もしくは在留期間の満了日までに再入国しないと、在留資格が失われます。
・出国する際に必ず在留カードを提示し、再入国出国用EDカードのみなし再入国許可による出国の意図表明欄をチェックしてください。
・みなし再入国許可により出国した場合、その有効期間を海外で延長することはできません。
・申請手続きは必ず本人が行ってください。

 

この他、指導教員に出国の許可を得た後、所属学部等の教務担当に不在期間と連絡先を申告してください。アパートを借りている場合は、大家または管理会社に不在期間を申告し、家賃の支払いを忘れないよう注意してください。

 

1年以上の長期間再入国しない可能性がある場合は、出発前に入国管理局で「再入国許可」を取得する必要があります。

 

【必要書類等】
①再入国許可申請書
②パスポート
③在留カード(在留カードを受け取っていなければ「在留カードを後日交付する」と記載されたパスポート)、在留カードとみなされる外国人登録証明書
④手数料3,000円(一回限り)、または6,000円(数次有効)
※手数料分の収入印紙を購入し、手数料納付書に貼って提出します。

 

札幌入国管理局
札幌市中央区大通西12丁目 札幌第三合同庁舎
(受付時間)9時~16時(土・日曜日,休日を除く)

電話:011-261-9658(審査部門)