【参加学生の体験談】

■2019年度 夏季 ブリティッシュ・コロンビア大学 参加学生 農学部 Wさん■

講義では、教授と学生の距離が近く、どんな意見・質問も受け入れられる雰囲気であり、非常に質問をしやすく、講義を通して、現地の生活で感じたことについても深く認識することができました。全文はこちらから

■2019年度 夏季 ワシントン大学 参加学生 理学部 Kさん■

今回の留学の成果の一つは自身の英語能力を把握できたという事です。様々な人と英語を使って話したり、英語で授業を受けることでどの程度英語が使えるのか、自分に欠けている能力が何なのかを知ることができました。全文はこちらから

■2019年度 夏季 ジュネーブ大学 参加学生 文学部 Iさん■

今でも留学中に撮影した写真を見返すと胸が高鳴るのを感じます。本当に参加してよかったと思います。そして今からは留学で学んだことを行動に移すときです。自分の夢の実現に向けてkeep dreamingで努力していきたいと思います。全文はこちらから

■2020年度 春季オンライン 参加学生 医学部 Hさん■

私が短期留学スペシャルプログラムに参加してみようと思ったきっかけとして、まず挙げられるのは直接海外の大学の講義を受けることで得られるものがあると感じたからです。当初は「オンラインなのに何が留学だ」と、参加する気は全然ありませんでしたが、「留学か否か」はともかくとして、このプログラムを修了することでなにか成長することができるとポジティブに捉え、参加したい気持ちが大きくなっていきました。全文はこちらから

■2021年 夏季 オンライン 参加学生 工学部 Sさん■

私はこれまで専門的な内容を生きた英語で学ぶ経験をしてみたいと考えていました。しかし私の専攻である情報工学を学ぶことのできる留学プログラムは他の分野に比べて少なく、オンラインなら事前講義の段階で入念な下調べをすれば、専攻と異なる分野についての授業内容でもついていけるのではないかと考え、このプログラムに参加しました。SDGsに対する興味は元から持っていたので、全文はこちらから