経団連グローバル人材育成スカラーシップ 2020年度生募集例

1.募集対象者

将来、日本企業の国際的な事業活動において、グローバルに活躍する意志を持つ学生で、海外留学・研修を通じて培った力を日本企業のグローバル・ビジネスに活かしていきたいと考えている、チャレンジ精神のある者。初めて海外に出て自分の力を試してみたいと思っている者や、理工系、社会科学系の専門領域で勉学に励んでいる者、スポーツやボランティア活動に熱心な学生を含む。

2.応募資格

1)日本国籍を有する者、または日本への永住が許可されている者
2)応募時に財団の指定する日本の大学の学部2年、3年、4年生または、大学院博士前期課程(修士課程1、2年生)の学生
3)交換留学、認定校留学、協定校留学、私費留学等で、2020年度中に留学を開始し、海外の大学・大学院に約1年間(8ヵ月以上1年未満)留学する者。但し、理工系専攻者については、6ヵ月以上1年未満の期間、海外の大学等の研究室で研究する者や海外大学の講義等を受講する者も応募可
4)留学中も財団の指定する日本の大学・大学院に籍を置く者
5)留学を通じて、外国語によるコミュニケーション能力、異文化・社会への適応能力、海外へのチャレンジ精神などを向上させる意欲があり、将来、日本企業に就職し、国際的な事業活勤において、グローバルに活躍する意志を持つ者
6)大学入学後に取得した単位のGPAが2.0以上である者
7)原則として、海外留学にあたって他の奨学金を受ける予定のない者(併願は可)
8)健康状態が良好で、海外留学に耐えうる者

3.募集人数および支援内容

1)20名
2)1人200万円の奨学金を支給。使途は限定せず、留学中に自己研鑽や見聞を広め多様な経験を積むための資金とする。

4.応募について

応募受付期間:応募7月中旬頃URLより応募受付開始予定※下記URLにおいて募集概要・選考方法等、随時お知らせ(http://idc.disc.co.jp/keidanren/scholarship/

5.奨学金を受けて留学する学生へのサポート

(1)留学前・留学中の助言・支援
①SNS等を活用して留学準備を支援。留学中は、現地での生活や大学での学業等について報告を受けるとともに、財団事務局が必要に応じ適宜助言を行う
②2020年4月初旬に東京で課題共有会を開催し、奨学生間の交流を図るとともに、課題解決を支援(遠方からの参加者には交通費を補助)

(2)帰国後の7月上旬に開催する合同就職説明会・面接会「経団連グローバルキャリアミーティング」へ優先的に案内(但し、帰国時に大学または大学院修士課程最終学年の者に限る)

※最新の情報は、経団連グローバル人材育成スカラーシップホームページをご参照頂くか、国際交流課までお問い合わせ下さい。