<Q1>交換留学と私費留学の違いは?

<A1>一番の大きな違いは費用です。また、交換留学の場合、大学の専門科目を履修し、留学先大学で取得した単位が所属部局の判断により認定されます。また派遣前オリエンテーション、安全・危機管理などのサポートがありますが、私費留学の場合、全ての事を自分で行わなければなりませんし、「海外留学支援制度(協定派遣)」などの交換留学のための奨学金は応募することができません。詳しくは「交換留学」を参照下さい。


<Q2>交換留学で滞在できる期間はどれくらいか

<A2>交換留学で留学する場合の滞在期間は、3~4ヶ月(1学期)から最長で1年です。交換留学の場合は、原則として1年以上の滞在は認められません。


<Q3>留学生でも交換留学に応募できるか

<A3>北大の正規学生であれば、留学生でも交換留学に応募することは可能ですが、国費留学生が応募することはできません。


<Q4>留学先国はどの様に選択するのか

<A4>選択の基準として、下記の様な事が挙げられます。

1. 英語圏か非英語圏か
2. その国で何を学びたいか、どうしてその国なのか
3. 留学費用(物価の高い国、低い国によってかかる費用が異なる)
4. 安全性
参考:北大生のための留学ハンドブック「留学へのステップ」P1~6


<Q5何年次に留学をするのが良いか

<A5>以下の例は、文系の例(経済学部)です。カリキュラムや単位の取扱いは、それぞれの学部・研究科等で異なりますので、あくまでも留学計画を立てる際の参考として使って下さい。理系については、各コンタクト・パーソンに直接お問いあわせください。なお、(+)はメリットを、(-)はデメリットを表しています。

[文系の例]
【1-2年次からの留学】→推奨
(+)通年の演習がないため、交換留学なら留年しない可能性がある。留学経験は、研究室選択の基礎になりうる。
(-)指導教員の助言を受けられず、語学や教養科目しか履修できない。1年留学すれば、卒業も1年延びるのが一般的。交換留学を3年次以上に限定する受入大学もある。

【3年次前期を含む留学】→要注意
(-)2年次後期に研究室を選択し、3年次に専門研究を開始する学部では、2年次に留学し、留学後に研究室を選択するか、逆に研究室で十分な指導を受けた後に留学することを勧める。

【3年次後期からの留学】→推奨
(+)指導教員の助言を受け、留学先で専門科目を履修できる。交換留学中の演習単位が認定される学部では、半年の留学なら、留年しない可能性が高い。留学経験は、卒業後の進路の基礎になりうる。
(-)1年の留学なら、帰国直後に卒業単位と進学・就職を確保できない限り、5年次卒業が一般的。半年の留学でも、単位と進路決定が4年次卒業の条件。

【4年次前期からの留学】→推奨
(+)3年次後期からとほぼ同条件だが、北大での通年科目履修や私費留学(休学なら北大学費は不要)には都合が良い。
(-)3年次後期からとほぼ同条件だが、欧米の大学の学期(9月始まり)、就職活動(春~夏)、大学院入試(夏/春)の時期により注意が必要。

【4年次後期からの留学】→要注意
(+)交換留学中の演習単位が認定される学部では、半年の留学なら、留年しない可能性が高い。
(-)半年の留学では、留学前の進路決定・卒業単位取得・卒業論文完成が、4年次卒業の条件。他方、1年の留学後、翌春の就職活動を待つと、卒業が最大2年遅れうる。大学院に進学するならそれを回避できるが、指導教員との事前相談・準備が必要。

【大学院生の留学】→修士1-2年次は学部3-4年次に準じる。詳細は指導教員と相談すること。