FORTH(厚生労働省検疫所)は、海外渡航者のための感染症情報を提供するほか、海外渡航に伴って必要となる予防接種の情報を提供しています。同HPには国別・地域別に検討すべき予防接種の種類の目安が掲載されており、どのようなスケジュールで接種を行うべきか計画を立てることが可能です。例えば、アジア、アフリカ、中南米に存在するA型肝炎は渡航前に最低2回(初回接種から2~4週間後が2回目)接種する必要がありますので早い段階から接種を始めなければなりません。

札幌市では、市立札幌病院、函館市では市立函館病院などで予防接種を実施していますが、種類によっては予約が必要な場合もありますので事前に確認してください。なお、検討すべき予防接種の種類については、留学先のみならず、第三国を経由して渡航する場合・帰国する場合には、経由地にも注意を払ってください。