パスポート申請

パスポートは海外へ出かける場合の身分証明書です。ビザ申請や航空券手配に必要となるので、余裕を持ち必要書類を揃え取得しましょう。
現在パスポートを持っている方も必ず有効期間満了日を確認して下さい。
渡航先で必要とされるパスポートの残存有効期間が不足していることから渡航できないケースがあります。
パスポートに関する情報は、パスポート(旅券)(外務省)のページをご覧下さい。
パスポート(旅券)|外務省 (mofa.go.jp)

ビザ(査証)申請

短期留学
日本国籍の方はビザ取得の必要がない場合が多いですが、日本国籍以外の学生が短期留学する場合や、留学先国・地域が示す条件に該当する場合は、
短期留学でもビザ取得を求められることがあります。そのような場合は、各国の大使館等で必要書類を確認の上、プログラム担当者と連携を取りながら書類の準備をしてください。

長期留学
交換留学などの長期留学につきましては、入学許可書が届いたら大使館等で留学ビザの申請手続きを行います。ビザの申請から発給までは時間がかかりますので、入学許可書が届いたらすぐに申請できるようあらかじめ提出書類を準備してください。特に、7月・8月は語学研修ビザの申請が増加し、
大使館等が繁忙期に入りますので、早めに準備しましょう。

また、留学後に「滞在許可書」の取得が必要な国もあり、国によっては戸籍謄本等をあらかじめ現地語に翻訳する必要があります。
各大使館等のHPに情報が掲載されていますので、留学してから慌てないよう事前に準備して行ってください。
ビザ|外務省 (mofa.go.jp)

電子渡航認証

渡航の際、ビザの申請が不要な国であってもテロ防止対策などの観点から電子渡航認証(Electric System for Travel Authorization)を必要とする国があります。アメリカ(ESTA)、カナダ(eTA)、オーストラリア(ETAS)等です。最新の情報を各大使館等で入手しましょう。

たびレジ

たびレジとは外務省から最新の緊急情報や安全情報をメールで受信できる無料配信サービスです。緊急事態発生時の対応などに役立ちます。
必ず登録して下さい。
外務省 たびレジ https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

在留届

渡航期間が3ヶ月以上の学生は、旅券法で在留届(ORR-NET)の提出が義務付けられています。
海外での事件、事故、思わぬ災害に巻き込まれた場合、日本国大使館や総領事館は「在留届」を元に緊急連絡先などを確認し援護します。
外務省 在留届 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

予防接種

FORTH(厚生労働省検疫所)は、海外渡航者のための感染症情報を提供するほか、海外渡航に伴って必要となる予防接種の情報を提供しています。
同HPには国別・地域別に検討すべき予防接種の種類の目安が掲載されており、どのようなスケジュールで接種を行うべきか計画を立てることが可能です。例えば、アジア、アフリカ、中南米に存在するA型肝炎は渡航前に最低2回(初回接種から2~4週間後が2回目)接種する必要がありますので早い段階から接種を始めなければなりません。

種類によっては予約が必要な場合もありますので接種先病院を調べて事前に確認してください。なお、検討すべき予防接種の種類については、留学先のみならず、第三国を経由して渡航する場合・帰国する場合には、経由地にも注意を払ってください。
FORTH(厚生労働省検疫所)https://www.forth.go.jp/index.html