【体験談⑤】2020年度春季 短期留学スペシャルプログラム(2021年3月実施)

2021/6/16

         

6月21日(月)~2021年度夏季短期留学スペシャルプログラム(オンライン実施)の参加募集が開始されます!今回は北米4大学複合(ワシントン大学・アラスカ大学・オレゴン州立大学、ブリティッシュ・コロンビア大学)となり、前回よりも海外協定校の数も増え、より広い分野の講義内容となる予定です!体験談を参考に興味のある方は迷わず一歩踏み出してみてください!!

【水産学部 3年(参加当時)Nさん】
オンラインで留学!?最初に聞いたときはどんなものか全く想像がつかなかった。どんな留学であったのかを簡単に説明しよう。

【スケジュール】
まず、各自で事前に録画された各先生の講義を見た。その後、決められた時間にzoomに参加し、1時間4~5人のグループに分かれて講義の内容や疑問点について議論を行った。議論が終わると、1時間の質問タイムが始まる。質問タイムでは、他の参加者全員とオンラインで合流し、各グループで議論した疑問点や、個人的に気になったことなどを自由に質問した。この議論と質問の時間で合計2時間1セットであった。ネット環境があれば理論上どこでも受けられたし、参加費は無料であった。毎日2セットの合計4時間で、それを2週間続けた。

【きっかけ】
参加した大きな理由は、この留学が最後になるかもしれなかったからである。この留学があったのが学部3年目の春であった。4月からは4年生に進級し、本格的に研究が始まる。そのため、次の機会の際に十分な時間が用意できるか分からなかった。また、新型コロナウイルスの感染拡大により今後留学が行われるか不明であったことや、内容が3校合同で水産関連が多かったこともあり、このプログラムに参加した。【続きはこちらから

 

一覧にもどる