ブリティッシュ・コロンビア大学(2019夏)Wさん

プログラム種別短期留学スペシャルプログラム
留学年2019年
言語英語
地域名北アメリカ
行先国名カナダ
大学名ブリティッシュ・コロンビア大学
部局名農学部
課程学士
新渡戸カレッジ該当

私は、プログラムに実際に参加することで知ったことに着目して書こうと思います。
まず、カナダ人は日本人よりも時間にゆとりを持っていることです。日本人のようにせかせかと電車やバス、自転車に乗る人は見当たりませんでした。交通機関の遅延が頻繁に起こったり、バス停に並んでいても混雑時には乗車できないことが多かったりするためかもしれません。時間には余裕を持ちたいと感じました。

ホームステイ先では、行政が実施している施策に関する住民の考えに触れることができました。ゴミの分別をきちんとしない場合に科される罰金を逃れようと、分別に力を入れる姿が印象的でした。それを行政がいかに定着させていくのか、気になるところでした。

公共の場では、環境問題に関わる情報や、環境への配慮を促すものが多く見られました。例えば、バンクーバーが行なっている植林の情報や、日常生活で使用するものが環境に与える影響について、知ることができました。

講義では、よく言われるとおり教授と学生の距離が近く、どんな意見・質問も受け入れられる雰囲気であり、非常に質問をしやすく、講義を通して、現地の生活で感じたことについても深く認識することができました。

   
大学での講義風景    構内の碑        構内の噴水

» 検索結果一覧へ戻る